DVD・CDプレスについて

コピーガードnavi

  • 送料について
  • アクセス
  • 採用情報
    • メッセージ・求める人材像
    • 企業理念・ビジョン
    • 沿革
    • クライアント
    • 募集要項
    • エントリー
  • 個人情報保護について
  • 特定商取引に関する表示
  • 免責事項

注目企業50

GSLを通じて環境貢献に取り組んでいます。

オンリーストーリー

品質管理体制

海外取引における全ての業務を当社スタッフが担当しますので、初めてのお客様でも、安心して、簡単に大量プレスをご注文頂けます。当社が一番重視しているのが、安定した「最高品質」のディスクをお届けすることです。高い品質保持のために、どのようにディスクが製造されているのかご案内いたします。

詳細はこちら

よくある質問

  • プレスとコピーの違いは何ですか?
    DVD-R、CD-Rといった既成のディスクを使用して、データを焼き付けていきます。ドライブメーカー、対応規格によっては、互換性が100%ではありませんが、短納期での納品が可能になります。
  • 国内プレスと海外プレスの選ぶ基準は?
    『予算』『スケジュール』が一番のポイントになります。コストを安くあげるのなら海外プレス、スケジュール優先なら国内プレスです。
  • オリジナルパッケージの製作は可能ですか?
    可能です。 コスト、数量、用途によって、提案させて頂きますので、当社営業まで気軽にお問合せ下さい。

DVD・CDプレスについて

プレスとコピーの違いは何ですか?

コピー

DVD-R、CD-Rといった既成のディスクを使用して、データを焼き付けていきます。ドライブメーカー、対応規格によっては、互換性が100%ではありませんが、短納期での納品が可能になります。

プレス

ディスクを量産するための型となる「スタンパー」を制作し、プラスチック原料を射出成形することで、物理的にデータを記録します。 レーベル印刷はシルク、オフセット印刷により、高品質なディスク製作が可能となります。 市販されているような音楽CD、映画DVD等はこの方法で製作されます。大量複製向けなので、初期費用(スタンパー代)が高くつきますが、500枚以上(目安)なら、コピーより安くなります。

選び方のポイント
  コピー プレス
発注数目安 1枚〜1000枚 500枚〜
金額 初期費用:なし 数百枚程度なら安い。 初期費用:あり 1000枚以上なら安い。
納期 3営業日(即日対応可能) 8営業日〜
互換性 100%ではない。 問題なし
レーベル印刷 (通常印刷方法) ◯ (インクジェット印刷) ◎ (オフセット/シルク印刷)

DVDの片面一層(DVD5)、片面二層(DVD9)の違いは何ですか?

一番大きな違いは記録できるデータの容量の違いになります。 片面一層は、4.7GBのデータを収録することができ、映像にして約130分、片面二層は、8.5GBのデータを収録することができ、映像にして約260分の内容を記録できます。(標準画質/ビットレート4.8Mbpsの場合)

スタンパーって何ですか?

マスターデータ(DVD:DLT・DVD-R、CD:CD-R)から、ディスクを複製するためのマスターとなる金属製原盤を層ごとに制作します。 このマスターのことを、スタンパーといい、ディスクの品質を決定する重要な工程になります。

バルク納品って何ですか?

ケース等の付属品がつかないディスクのみの状態でで納品することを指します。 ディスクに傷がつかないよう、シュリンク包装された状態で納品いたします。

対応可能なコピープロテクトはどのようなものがありますか?

国内プレスと海外プレスの選ぶ基準は?

『予算』『スケジュール』が一番のポイントになります。 コストを安くあげるのなら海外プレス、スケジュール優先なら国内プレスです。 なお、海外プレスの場合は、ディスク裏面の中央銀色帯部分に「PRESSED IN TAIWAN」の文字が刻印されます。

レーベル印刷にはどのような種類がありますか?

シルク印刷、オフセット印刷があり、デザインによって印刷方法を使いわけます。 4色程度までの単色ベタ塗りのデザインなら『シルク印刷』、フルカラー写真やグラデーション等のデザインなどは『オフセット印刷』。 シルク印刷の場合のみ、DICカラー番号による色指定が可能です。

量産に入る前に、サンプル【有償】(=プルーフ)を送ってもらうことは出来ますか?

はい、可能です。 万が一、そこで問題が発覚した場合、データ、デザインの差替えも可能です。 変更になった場合のみ別途費用が発生します。(CD/DVD共に税込22,000円)

リージョンコードって何ですか?

DVD-VIDEOの再生可能な地域を限定するための規格です。 1~6までの番号があり、日本のリージョンコードは『2』です。米国のリージョンコードは『1』なので、米国でそのまま買って来たDVDを日本のDVDプレーヤーやDVDドライブでは再生できません。 ただし、リージョンコードを持たない『ALL』のDVD-VIDEOがあり、ALLのディスクは全世界の再生機器で視聴が可能です。 リージョンコードの設定は、DVDオーサリング時に行います。

CDプレス用マスターのディスクアットワンス形式って何ですか?

1枚のCDにデータを1度に書込む方法です。ディスクワットワンス形式で一度書込んでしまうと、たとえCDに空き容量があってもデータを追加することが出来ない状態になります。CD開発時に定められた方法なので、高い互換性があります。 これに対して、トラックアットワンス、パケットライトという書込み方法の場合、CD-Rでも容量がいっぱいになるまで追記が可能です。 Windows XPの書込み機能は、このトラックアットワンス形式を利用していますので、注意が必要です。

DLTって何ですか?

Digital Linear Tapeの略で、磁気テープを利用した大容量記憶メディアの1つです。 テープ、ドライブ共に高価ですが、データ転送速度、信頼性、耐久性が高いことから、DVDプレスのマスター用メディアとして使用されます。

よくある質問一覧

Copyright(C)2014 IMAGE JAPAN All rights reserved.
お見積もり・お問い合わせ 24時間受付中! TEL 03-3543-0303 平日 10:00 - 18:00